消費者金融とはどのようなものか

消費者金融とはどのようなものか

消費者金融とは、個人向けにお金を融資してくれる金融機関です。特徴としては、気軽にお金を借入ができる場所ですね。無担保で貸してくれるところが、消費者金融の特徴ですが、借りる人がどのような人なのかをきちんと審査してからでないと借入はできません。

審査というと身構えてしまうかもしれませんが、それほど心配する必要はありません。年齢が満20歳以上で安定した収入があれば基本的には誰でも申し込みは可能です。年齢の上限は各金融機関によって違いますので、確認をしておきましょう。

審査は、前に借入していて遅延があったり、払うことができなくなったという事故情報が無ければ、それほど厳しくはないと考えられます。あと、他に借入がなければより審査に通りやすくなるでしょう。

そして、消費者金融の特徴として年収の3分の1までしか借入ができないという点があることを覚えておきましょう。これは総量規制という法律があるためですね。
それと借入し過ぎるのをおさえる効果もあります。借入し過ぎて返済できなくなることを防ぐためですね。

 

消費者金融のキャッシング契約は住宅ローンが無い方がいい!

消費者金融のキャッシング契約をする際、スコアリング判定や個人信用情報の照会、勤務先への在籍確認といった審査を受けることになります。スコアリング判定は、勤続年数、雇用形態、年収、他社借入件数や金額、そして個人信用情報を照会した上で確認された金融事故情報の有無が大きく影響します。

しかし、申し込み時に記載する情報として、居住形態や持ち家かどうかといった項目も大きく重要視されるものの、持ち家であったとしても住宅ローンが残っている場合、審査結果に不利な条件となります。

一見すると、住宅という財産を保有しているため、信用度が高いと思われるものの、住宅ローンが残っている状態で返済が出来ないとなった場合、住宅の所有権は銀行やローン会社が保有するため、消費者金融のキャッシング返済に充てられることが無くなります。

そのため、持ち家であっても住宅ローンが完済または残債が大きく減っていない限り、審査を通過することが難しくなります。特に借金の中でも住宅は金額が高額であり、返済期間も長期となるため、契約者の債務超過のリスクが高く評価されてしまいます。

 

コンビニATMから返済するのは避けるのがベスト!

消費者金融のキャッシングでは、自社専用のATMや提携金融機関のATM、そしてコンビニATMが利用出来ます。しかし、返済を行う際はコンビニATMの利用は可能な限り避けるのが重要です。その理由としては、返済時に振込手数料が108円または216円も発生してしまい、返済に掛かる負担が増えてしまいます。

そのため、最適な返済方法としては銀行口座振替が手間も掛からず、手数料も掛からないといったメリットがあります。

さらに、任意返済を行う場合、これもまたコンビニATMが便利になりますが、やはり消費者金融の専用ATMを利用することがおすすめです。専用ATMであれば、返済時に発生する手数料は無く、負担増加を防ぐことが出来ます。

手数料は意外に高く、10万円を年利18%で借り入れした場合、1か月分の利息は約1480円となりますが、利息は2日ないしは4日分の利息に相当してしまいます。
毎月の返済は口座引落にすることで、年間で最大2952円も節約することが出来ます。

 

逃げないで出来ることをやる

返せるつもりで借りた消費者金融でも、いざ借りるとついつい使い過ぎてしまい返済できなくなるケースはあると思います。

その先から二つのパターンに分かれると思います。返す為に、他の消費者金融から借りて負債が増えるパターンと返済期限を過ぎても、金融会社に連絡を入れて延滞金を払いながら返す。私は絶対に後者をおすすめします。

返す為に借りるをすると、そのやり方が可能な限り繰り返す自転車操業になってしまいます。そうなると最終的に首が回らなくなり、返済不能におちいります。負債は大きくなり最悪ブラックになってしまいます。

ならば、最初のうちに金融会社に返済できないからこうしたい、こうしてほしいなど相談し遅れながらも負債を増やさないで返済した方が絶対良いです。

金融会社に返済できないからと相談しても、とにかくなんとか返済してほしいとかいつまでなど催促はきますが、その都度返す期限を相談して連絡をしっかり取れる状態にいればなんとかなると思います。

 

在籍確認の方法と内容

消費者金融の審査をするにあたっては、必ず在籍確認がされます。申請した職場や勤務先に電話連絡を入れてきます。もちろん電話で、何消費者金融ですが何さんはいますかみたいな電話はしてこないので、その辺は安心して良いと思います。

実際には、何さんいらっしゃいますかやお願いしますのような通常の起こりえる電話連絡が来ると思います。

在籍確認の時に本人が外出中だったり、休みだったとしても実際にいるという確認さえ取れたら問題はありません。派遣型の仕事をしている人は、在籍確認が取れないので審査に通るのは難しいと思います。

申込をすると、自宅と勤務先に必ず確認の電話がいきます。申込時にその場で両方確認が取れたらすぐ融資可能になったケースも私はありました。それ位情報機関への紹介と在籍確認は重要しされています。実在しない勤務先などを知り合いの固定電話で申請してもバレます。

その時バレなくても後々ばれたら罪になるので、絶対に不正はできないし、やめたほうが良いです。

 

無利息サービスをお得に使うのならプロミスがおすすめ!

今では、大手消費者金融のキャッシング契約で無利息期間サービスがあるものの、契約をする前に注意しなければ、そのサービスのお得さが減ってしまいます。

アコムやアイフルの場合、適用開始日は『契約日の翌日』となっており、初回借入ではないということに注意が必要です。つい、『近いうちに利用する』、『いざという時の保険』として持っていては、無利息サービス期間が無くなってしまいます。

しかし、プロミスの場合、無利息サービスを適用させるためには、メールアドレスの登録とWEB明細の利用手続きといった手間があるものの、初回借入から30日間の無利息となる点は非常に魅力的です。

また、ポイントサービスを利用することで、提携ATMでの手数料無料や無利息サービスを受けられる点は非常にお得と言えます。上手く、ポイントサービスを利用すれば、給料日前で手持ちが少ない場合でも、利息を抑えて借り入れ出来ることも可能になります。

ただ借り入れと返済を行うよりも、サービスによるポイント還元があるのは魅力的です。

プロミスの審査に通らないときは何が原因なのか?
プロミスの審査に通らない状態が続いて困っている時は、まずはあなたのクレジットカードや携帯電話の支払いに遅れや滞納がないかを確認してください。もしそれでもダメならすでにお金を借り過ぎているか過去の返済履歴に問題がある可能性が高いです。