モビットの特徴について

 

モビットの特徴について

モビットの特徴について書いていきたいと思います。モビットは消費者金融のカードローンということで総量規制対象にあたります。これは年収の1/3まで借り入れが出来るということです。ひとつの借り入れの目安になるかと思います。

またモビットは三井住友銀行グループのカードローンなので資金面、背景面はしっかりしており信頼して借り入れる事も出来ますし、カードローン審査においても三井住友銀行グループの名前が出てくることがあります。

グループのカードローンということもあり借り入れの際には審査もしっかりしていきます。厳しいというイメージはないですが、やはり大切なお金を貸すわけですから申込者の信用情報調査や現在の借入額などの調査が入ってからの結果になります。

カードローン利用となればモビット専用のカードが一週間以内に届きすぐに利用できます。近くのコンビニのATMで利用できるので便利ですし借り入れ、返済も24時間出来ます。

 

モビットの審査基準 3つのポイント

モビットとは、三井住友銀行グループのカードローンです。カードローンですから、当然、審査があります。自分は審査に通るだろうかと不安になることもあると思いますが、3つのポイント押さえておけば大丈夫です。

その3つのポイントとは

1.現在の収入を正直に申告する。
2.現在の借入金額を正確に申告する。
3.限度額を高くしない。

この3つです。この3つを守れば、審査は怖くありません。まず、「現在の収入を正直に申告する」ですが、モビットに限らず、すべてのカードローン審査では、嘘の収入を申告すると審査に落ちると言われています。

審査に通りたくて、収入を高めに申告したり、偽りの職業を申告したりすれば、後の本人確認の時に間違いなくばれます。ですから、正直に申告しましょう。

つぎに、「現在の借入金額を正確に申告する」です。申し込みの時点で他社のカードローンを使用している場合などは、その金額を申告する必要になります。これには、クレジットカードのキャッシング枠や信販会社を通じて買ったローン残高も含まれます。ただし、住宅ローンや自動車のローンなど銀行経由のものは含まれません。

以上の点に注意して、正確に申告しましょう。

最後に、「限度額を高くしない」ですが、限度額が高くなればなるほど審査は厳しくなります。逆に限度を低くすればするほど審査は優しくなるのです。はじめは、限度額が低くて不便かもしれませんが、審査に通れば、後日増額審査を申し込むこともできます。以上が、モビットの審査に通るための3つのポイントです。

 

比較的審査が甘いモビット

わたしは他社でカードローン一件とクレジットカード一件借り入れがありますが枠が一杯一杯でした。

ですが救急にお金が必要になったので何社か審査を受けましたが今回はーということでお断りされてあきらめていたのですが最後にモビットで審査が通りました。借り入れ出来る金額も自分の希望金額より多く借り入れできました。電話で応対して頂いた女性もとても丁寧で感じの良い女性でした。

職場の電話確認がありまして、フルネームで〇〇〇〇子さんいらっしゃいますかと言われたらしく電話に出た店長がチョット怪しんでいたのが気まづかったのですが、借り入れする以上は仕方ないかなとも思いました。

それから少し利息が他社に比べると高いかなとも思いますが、他社でお断りされた方などはモビットでも審査を受けてみると良いと思います。

借り入れ50万円までは収入証明も必要ないのでアルバイトパートの方や初めてカードローンを考えてる方はまず、モビットで審査を受けてみるのも良いかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした。これから充実させていきますのでお楽しみに!

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。